INC April・PJCS予選 使用構築(ルナルギア・オーガルギア)

結果

INC April
最終185位 31勝11敗 レート1800

PJCS予選
メイン 最終1198位 26勝18敗 レート1599
サブ  最終1617位 20勝12敗 レート1578

 

INC April 使用構築 

基本選出は先発ヤミラミ・ルギア、裏ルナアーラランドロスナットレイから2体。

相手の先発がルギアより速く火力が高ければ初手からダイジェット、遅ければ瞑想を積む。特殊耐久を瞑想・ダイアース、物理耐久を鬼火・威嚇・鉄壁で上げていき、ルギアかナットレイで詰められる盤面を目指して相手を倒しに行く。

ルギアを通すうえでガオガエンの捨て台詞、トリトドンの欠伸が障害になるので、できるだけルナアーラで一撃で倒す。

その他イベルタルボルトロス・サンダー・オーロンゲなどルギアを通しづらい相手には、レジエレキでダイマを切る。

 

ルギア@弱点保険、マルチスケイル
エアロブラスト、大地の力、瞑想、自己再生
189-X-151-142-175-169
(臆病 h60 b4 c252 d4 s188)
高速・低火力・超耐久。

ルナアーラ@パワフルハーブ、ファントムガード
シャドーレイ、ワイドフォース、メテオビーム、ソーラービーム
213-X-109-207-127-149
(控えめ cs252 h4)
ヤミラミと並ぶとRinyaSUNに強い。イエッサンの横を削るためにワイドフォース。

レジエレキ@命の珠、トランジスタ
ワイルドボルト、とびはねる、ダメおし、守る
156-167-70-X-70-252
(意地 as252 h4)
禁伝との補完を考慮して物理。

ランドロス@オボンのみ、威嚇
地震そらをとぶ、岩雪崩、守る
196-182-120-X-121-113
(意地 h252 a4 b76 d164 s12)
威嚇要員かつ電気の一貫切り。受け出しの機会が多いので耐久振りオボン。

ヤミラミ@気合の襷、いたずら心
かげうち、猫騙し、鬼火、先送り
157-95-111-X-112-70
(腕白 h252 b44 d212)
ルギアと攻守に相性のよいサポート役。かげうちで弱保起動。

ナットレイ@食べ残し、鉄の棘
ボディプレス、宿木の種、鉄壁、守る
181-115-190-X-146-41
(腕白 h252 a4 b172 d76 s4)
対トリパと詰め要員。ミラーやS+2時のガオガエン抜きを意識してs振り。

 

INC April 振り返り

オーガザシアンを使おうと思っていたが練習で勝てなかったため諦め、いろいろ試した中でルナルギアが一番勝てそうだったので使うことにした。ゴーストと悪が一貫すること以外は補完が取れていて、ルギアの性能が知られていないこともあって予想よりは勝てた。とはいえパワー的に上に行ける並びではないと感じたので、最後の予選は別の構築を使うことにした。

 

PJCS予選 使用構築 

ルナアーラカイオーガに変更して、他のポケモンも技と数値を変更。基本選出はAprilと同じで先発ヤミラミ・ルギア、裏カイオーガナットレイ。ルギアを通しづらい相手にはレジエレキ。

カイオーガを入れたことで火力が上がったほか、レジエレキとナットレイも動かしやすくなった。しかしルギアでトリトドンを倒す必要が出てきてしまい、瞑想を切ったことでルギアの扱いが難しくなった。

 

ルギア@弱点保険、マルチスケイル
エアロブラスト、大地の力、ギガドレイン、自己再生
189-X-151-142-175-169
(臆病 h60 b4 c252 d4 s188)
数値は同じ。瞑想→ギガドレインに変更。

カイオーガ@さざなみのお香、雨ふらし
しおふき、根源の波動、冷凍ビーム、守る
175-X-111-202-160-156
(臆病 cs252 b4)
ダイジェットに乗って強い高火力アタッカーとして採用。

レジエレキ@命の珠、トランジスタ
ワイルドボルト、とびはねる、神速、守る
156-167-70-X-70-252
(意地 as252 h4)
数値は同じ。ダメおし→神速に変更。

ランドロス@オボンのみ、威嚇
地震、岩雪崩、じわれ、守る
165-197-110-X-100-157
(陽気 as252 h4)
使用感的にS+1でザシアンや黒バドレックスを抜きたい場面が多かったため、数値を耐久振りからASに変更。ナットレイの型を変えた影響で高耐久ポケモンを倒しづらくなったため、そらをとぶ→じわれに変更。

ヤミラミ@気合の襷、いたずら心
かげうち、猫騙し、鬼火、先送り
157-98-100-X-121-71
(慎重 h252 a20 b36 d196 s4)
ホワイトキュレムの珠ダイアイスと霰をD+1で耐えられるようにDを伸ばした。

ナットレイ@食べ残し、鉄の棘
パワーウィップ、ジャイロボール、宿木の種、守る
181-143-164-X-140-22
(のんき h252 a228 d28)

対トリルで押し負けることが多かったため、ダイマ性能を意識して技と数値を攻撃的に変更。

 

PJCS予選 振り返り

今度こそオーガザシアンで勝ちに行こうと思っていたが、予選が目前になってもやはり練習で勝てず、前回使った並びをベースにするのが最善と判断してこの構築を使うことにした。

しかし瞑想を切ったことでルギアを選出しづらくなり、もはや別の構築だった。カイオーガもルギアのダイジェットを前提にしていたため機能せず、禁伝パワーを上げるはずが禁伝の選出率が大幅に下がる結果となった(2匹とも70%くらい)。